ツーリング(二輪・四輪)一人旅

2013秋 PCX北海道ツーリング 10~11日目

10月13日 10日目 (その2)

フェリーに無事乗船

Imgp7070

パッと見判りませんが

PCXは原二ピンクナンバー

他の車両はハーレーやBMWなどリッターバイクばかり

旅の楽しみは千差万別 いいんです 

ちょっと恥ずかしいけど・・・

さて、バイクは船首の方に突っ込まれるため

そこそこ早く乗船出来る

Imgp7038

ひとっ風呂♨浴びて

キッズランド横のテーブルに陣取る

普通の人は子供がうるさくて敬遠するのでしょう

しかし、一人旅で家族が恋しくなってきたし

賑やかでいいんです

Imgp6993

セイコーマート惣菜

焼きそば268円、ザンギ100円と子供の笑い声を肴に

Imgp6996

ぐびっと 最後のクラシックを・・温い・・・

チューハイを2~3本
Imgp7000

これまたセイコーマートで買ったワインハーフボトルを

呑み欲し
Imgp6999

もう、おねむの時間ですが

このフェリーに乗り込んだお目当てを見るまでは我慢

Imgp7002

さあ、ショーのスタートです
Imgp7004
Swing Beaucoup(スウィング・ボクゥ/略称:スイボク)

そう、このライブを見るためこの日の乗船にしたのです

米ジャズと東欧のジプシーミュージック

そして仏ミュゼットをルーツのジャンル?らしいのですが

音楽もパフォーマンスも最高! 感動した!

Imgp7020

感動のお礼にCDをお買い上げ~

Imgp7023

飛び抜けてヒットするような分野ではないのでしょうが

地道に頑張ってほしいものです

いい気分になってもここは船の上

チョイとハシゴってな訳にもいかず 就寝zzz

10月14日 11日目

翌朝、本当の最終日となってしまった

Imgp7032
天気も良くツーリング日和

気持ちよく家路に着くことが出来るだろう

金華山を過ぎ、福島沖へ

ふと、進行方向右を見ると原発です

んん・・・

未だに処置が進まず大勢の作業員が働いている

自分はのんびり旅なんてしてて良いものなのだろうか?

と、考えが巡ってしまいましたが・・・

直接力にはなれませんが・・・観光という形で被災地を訪れるって手もありなんじゃないでしょうかねえ

おを~っと そういえば、皆で登ったコタン♨の

丘の上で喰われた(多分ブヨ)の箇所がメッチャ晴れてきた

熱をもって、引っ掻くと水が出てくる~死ぬのか俺

たまたま持っていた 抗生物質の塗り薬を

気休めか 無事に帰れるか

さて、生きている今、腹は減る訳で

船での食事は乗船前に買って置いた

セイコーマートパスタ

Imgp7036

朝は、ホワイトソースとナポリタン

Imgp7051
昼はミートソースとボンゴレ

ここ半年分くらいのパスタは食したでしょうか

さあ、そろそろ茨城

Imgp7064
大洗港に到着

Imgp7076
めいめいの相棒にまたがり

いざ、下船

Imgp7079
なんか、楽しい時間なんてアッつー間

でもこのひと時があるから、日常が頑張れる

Imgp7080
茨城~千葉へ

天気も良く 最後のラン!

Imgp7085

家族へのお土産はもちろん

セイコマ 100円パスタ!

怒られるかな・・・

さあ、家路へ急ぐ脳内テーマソングは

CKBの 「地球が一回転する間に」

「箱根スカイライン」

北海道と、なんの脈略もないのですが

最後に元気な歌で

この楽しかった旅を終わらせよう

旅程通り16:00に帰還

嗚呼・・目くるめく、感動の日々

北の大地よありがとう

走行距離 120㎞

・・・やっと終わり 2か月経った今でもブヨ刺され直りません・・・ご注意

| | コメント (0)

2013秋 PCX北海道ツーリング 10日目

10月13日 10日目

北海道最後の朝

昨夜、早寝したおかげで疲れもやや取れた様子

出発前は原野YHにもう一泊して、最終日に

弟子屈~苫小牧へ一気に進もうと思ったのですが

糠平を中継地、最終日のスタートにして正解

朝も内風呂♨に、ふたっ風呂浴びて

Imgp6904
朝食抜きで最終日スタート!

Imgp6905

ペアレント父子たちに見送られ

恐らく今年、最後のライダーとの事・・・

おねえちゃん達も寒い中 ありがとう!

出発!


Imgp6910

糠平を気温8度でスタートしましたが・・・

糠平~然別へ向かう途中の幌鹿峠で4度Imgp6918

雨も降りだした

然別側へ下ると・・・2度

この旅一番の寒さ

ホントだ 自分が最後のライダーかもしれない

Imgp6922

こんな天候ですが然別湖あたりは

観光バス・お客さんで凄くにぎわってます

さあ、ブランチを食すため、先を急ごう

Imgp6937
雨も止んで 虹がっ

それで、こちらも昨年行ってみたかった

鹿追町の新そば祭り

Imgp6947
開始直後の10時だというのに賑わってます

色々物色する前にとにかく温かいものを

目に入った ボタン十割新そば 温かいそばを発注

Imgp6944
お隣に出店では天婦羅もあり

そば500円+かき揚げ100円

Imgp6945
体が冷え切っていて

箸を持つ手も自由に使えません

何とか 一口すすると・・・

旨い! あっという間に間食

腹も寒さも落ち着いたところで出店を物色

民芸品やそば粉、蕎麦に関係ない屋台なども出店

普段、出店や屋台には手を出さない派ですが

思わず ぶた串100円を手に


Imgp6949

旨い 塩コショウ、焦げの感じが絶妙

これ以上走らないのであれば熱燗が欲しいところですが

小一時間ぶらぶらして、帰ろうかと思ったが

せっかくの新そば祭りなんで・・・

Imgp6950

もう一杯
Imgp6951

2杯目は落ち着いて食せ、旨いよウマい

〆の蕎麦湯を頂いて

おやっ
Imgp6953

祭りに異様な 自衛隊が・・・水補給?

この祭りを陰で支えている隊員さんでした

さあ、苫小牧へ

今日の天候を考えると日勝峠を回避し

狩勝峠経由で

Imgp6954

峠付近はやはり雲谷雲谷

しかし、標高が低いため風はほとんどなし

快調に進む

峠を下ったところで38号を左に折れショートカット

トマム方面へ ニュキッと煙突?が

Imgp6957
雲海テラスのトマムリゾートです

Imgp6963
ここも宿題だ

まあ、札幌や苫小牧から近いので何時でも来れるなと

そういう所って行かないよね 

237号を快調に進み日高に入ると

Imgp6968

雨が上がってきました

セイコーマートで100円パスタと500円ワインを大量に買い込み

Imgp6970
この信号を左折すると苫小牧港です

Imgp6976
午後3時 心配性の私は一番乗り

行きは1台でしたが、帰りは10月の連休最終とあって

10数台ほどのバイクが集まりました

Imgp6986
商船三井フェリーが 大きな口を開けて旅人を飲み込む

いよいよ北の大地を離れ 

この旅が終わろうとしています

サヨウナラ~北海道・・・

走行距離150km

| | コメント (0)

2013秋 PCX北海道ツーリング 9日目

10月12日 9日目

昨日の天気と変わって

今日は朝日が拝め 晴天のよう

Imgp6812
昨夜呑み明かした友と一緒に

コタン♨へ

Imgp6817
オヤジ4名 女性2名 国籍はまちまち

混浴で国際交流

温まったところで

昨日上ったコタンの丘の上から

屈斜路湖を望む

Imgp6824

やっぱり晴天での景色は美しい

(しかし、この後に大変な出来事が・・・)

今日の旅程は糠平へ移動するだけなので

皆様とS海さんのレンタカーで観光地巡り

Imgp6831

美幌峠へ
Imgp6832

女満別空港
Imgp6854
ひまわり畑を眺めていたら飛行機が着陸

北の大地ならではの景色です

このあとは、美幌のさんぱちで2回目の味噌ラーメンを食し

宿に戻ってPCXに乗り込みレンタカー組と一緒に摩周湖へ

Imgp6863

屈斜路摩周湖畔線を走っていると (@_@)!
Imgp6866
昨日YHで呑んだくれた香港のチャリダーさん発見

を~感動もんですっこの辺じゃ 

観光ルートも絞られるので会うのも時間の問題ですが

でも、再会って素晴らしい

そして、快晴の摩周湖

やっぱ快晴って素晴らしい

Imgp6870
さあ、ここで皆さんとはお別れ

皆さん、またここで会いましょう!

S海さん、東京で会いましょう!

弟子屈~241で足寄方面へ

この辺の道はいつも一気に移動するだけになってましたが

今回もテーマ、気になっているものを見る

途中でいつも地図上で気になっていた湖へ

Imgp6878

そう、オンネトーです

Imgp6879

紅葉も部分的に始まっていますね

日が陰ってくる時間帯ですが、結構観光客多いですね


Imgp6882
わおー

素晴らしい

北海道の秘境って感じは全くありませんが

これぞ日本の風景ではないでしょうか?

もしかしたら、今回の旅で一番美しい風景かもしれません

風景って、その時の体調・感情・天気に多いに左右されると思いますが

もうじき終わるこの旅が素晴らしかったので

この景色が素晴らしいと思うと思います??

とにかく感動しました

241に戻り上士幌方面へ

足寄郊外にて

Imgp6887
うう~ん素晴らしい

でもこれから向かう

上士幌~糠平は右手の方

雲谷雲谷・・・ 大丈夫だろうか・・・

雨に降られない内にと一気に進み

今日のお宿 ぬかびらYHへ

1日目に宿泊した時に1部屋だけシングルが空いていたので

予約していたんです

Imgp6895

小さな秋がお出迎え

雨に降られなくてよかった

さあ、食事前に宿の内湯♨ふたっ風呂入り

お食事タイム

Imgp6898

今回は和食です

今回の同泊者(同テーブル)さんは

札幌、関西のシングルさん

まあ、バイクは私だけです

あまり飲酒される方もいなく

今日は、一人で食堂に居残り

独り手酌で飲みながら今回の旅を思い出す

9日なんてあっという間

楽し良い時間なんてあっという間

そんな9日間でした

♪しみじみ飲めば~しみじみとーをーを

想い出だけが~♪

走馬灯のように楽しい思い出が・・・

呑みすぎた・・・

疲れがどっと・・・

寝よう

走行距離180km 

| | コメント (0)

2013秋 PCX北海道ツーリング 8日目

10月11日 8日目

お父さんとXRさんが鹿の罠を見に行くというのでお供

鹿の足が入るとワイヤーが縛って捕獲出来る

とってもアナログな仕掛けです

Imgp6705

鹿を捕獲って・・・自給自足、食物連鎖

罠に掛かれ、掛かっていないでと心の葛藤の中

宿の周囲の林をぐるっと一周

Imgp6710


今日は捕獲ナシ 何気にほっとした

さあ、朝食の時間

自家製のサラダ、たまご。コクワジャム、しべちゃ牛乳など 

Imgp6715
ここ十年位、朝食は食べず、ヨーグルトくらい

しかし、ホントにこの食卓に並ぶ料理は何でも旨い

Imgp6717

ジャムは小学校以来だ

試しに食すと・・・旨い(・∀・)イイ!

嗚呼、連泊したいところですが・・・

Imgp6723_800x600

断腸の思いで

娘さん、ケン、XRさんとお別れ

XRさんは連泊だそう・・・

イザ、出発

ケンのワンワン見送りに後ろ髪引かれながら

今日のスタート

PCXですが、釧路川脇のダートを走行

おやっ・・・

Imgp6726
チュールリー チュールリーララー

Imgp6728
ついておいでよと泣いてマス~
聞き分けのない おんなです~(亜紀)

う~ん

スクーターでダートは無しだなぁ

振動はすごいし、飛び石でマフラーなど傷が怖いし

面白くない やっぱダートはOFFだなぁ・・・

標茶~多和平~弟子屈へ

摩周へ向かおうとしたら雨がポツポツ

時間は11時 ちょっと早いが雨宿りがてら昼食
Imgp6746
豚丼のくまうしさんへ

豚丼と田舎蕎麦のセットを発注

Imgp6745

・・・ってな味わい う~ん 御馳走様でした

店を出ると雨も本降りでテンションも下がりっぱなし

道の駅摩周まで移動して小一時間の雨宿り

雨も小降りになり

こうなったら霧の摩周湖でも見よう

本土では雨男ですが

これまで晴れの摩周湖しか見たことがないのです

Imgp6766

ってか・・・雲谷雲谷過ぎて
Imgp6769

何も見えん~ やっぱ晴れの摩周湖が良いんですね~

でも確か晴れると婚期が遅れるとか・・・

私はセーフでしたがね

川湯方面へ下ると

Imgp6771
雲谷も晴れ 所々紅葉が

雨上がりってなんだかいいですよね

Imgp6779
川湯~屈斜路湖畔を通り

コタン温泉上の屈斜路湖が見渡せる丘へ

Imgp6784
雨降りでもそれはそれで何とも良い景色です

雨降りなのでこれ以上の観光は無理

午後3時早々に今夜の宿

屈斜路原野YGHへ

Imgp6792
ここへ来るときはいつも天気が悪いですね

しかし、この建物のデザイン好きです

コタン♨も近いし 内風呂も♨で

♨好きにはタマリマセン!

ここを選んだのはもう一つ理由が

S海さんとの再会です

昨年来、本土で何度かお会いしたのですが

北の大地での再会もまた、格別

元板前のオーナーさんの夕食を頂きながら

クラシックで乾杯

Imgp6801

夕食の後はお楽しみのお茶会
1376461_573072282760579_771032414_n

日本、シンガポール、香港、デンマークと

今日はなんだかインターナショナルな感じで

1383103518265

(香港のスマホ!)

夜は更けていきました~

走行距離130km 

| | コメント (0)

2013秋 PCX北海道ツーリング 7日目

10月10日 7日目

4時の目覚ましが鳴る前に起床

今回は同泊者さんがいるので起きれ良かった

さあ、ベットサイドの窓を開けると・・・

雲谷~雲谷~視界1m?ほど 嗚呼・・・

朝日なんぞ見れる状態じゃありません

仕方なく、もう一眠り

突然 「コォワー、コォワー」

白鳥さんが呼んでる!

今は雲谷でも晴れるかも!

白鳥に呼ばれている気がするので

視界数mの中、意を決して出発です

国道238~右に折れ キムアネップ岬へ

すると次第に雲谷が晴れてきた

オーナーご夫妻に教えていただいた岬の

ビューポイントに到着すると・・・

雲谷が消えてる! ヤッタ

朝日が登る直前もキレイということで

Imgp6442
見れて良かった

次第に日は登り

Imgp6454_2

小一時間は見ていたでしょうか!?

何時が一番キレイか分からず

シャッターを100回以上押してしまった
Imgp6471
全部キレイだヽ(´▽`)/

秋には大地を真っ赤に染めるサンゴ草の群生地としても有名のようでImgp6475

今が最盛期
Imgp6476
白鳥のBGMに包まれながら

朝日のキムアネップ 最高の朝だ!

朝日がこれだけキレイだと、夕日も相当だろう

宿へ戻る道中はやはり・・・雲谷雲谷

Imgp6485

岬周辺だけ晴れているらしい ラッキー

出発の身支度を整え 定刻通り7時に出発

Imgp6490

寒い中、オーナーご夫妻に見送られ 出発

右側は奥様ですが、昨日会ったときはヘルパーさんかと

思ってました・・・又は娘さん??  

聞けばそれほど御歳は離れていないよう お若い!

次は連泊で朝日&夕日を見に来ますよ~

Imgp6499

さあ、今日の旅程は

去年からの宿題 厚岸の牡蠣まつり

3年越しの恋人 なかまの家宿泊 

オホーツクのサロマから太平洋の厚岸まで

今日は正しくツーリングって感じですね

昨日、常呂町で見たからし菜畑&オホーツク海

Imgp6501
今日は、晴れ渡っていて益々キレイです

スケジュール的に朝食を食べず出発したのですが

厚岸までもたなそう・・・

能取湖にセイコマ発見!

Imgp6511

朝食はナポリタン130円

これがまた・・・味の評価はしなくてもわかるでしょ!?

能取湖~網走湖~女満別~美幌峠へ

Imgp6529


Imgp6530
しかし、雲谷の中に朝日の日差しが

何とも神秘的な光景に足を止め

中々前へ進めません

Imgp6531
やはり、写真を取りつつ ゆっくりツー

この辺の関所である美幌峠の眺めを見つつ

PCXへ んっ

Imgp6546

うをー 去年に引き続き自衛隊の車列

しかも、隊員がPCXを物色?

Imgp6552
いやっ 歩道を通行してるだけ

警察、自衛隊など国家権力を見るとビビッてしまう

小市民です・・・

Imgp6555
パイロット国道を一気に下り

プリンスホテルより側道へ
Imgp6558
三角山付近のからし菜畑 和琴半島、屈斜路湖を望む

去年はS海さんとMTBで美幌峠~原野YHに向かう最中

前方の道に熊さんを発見した地点

Imgp6562

ちょいビビりながら通過

ここからは一気に

弟子屈~標茶~厚岸へ

Imgp6592


厚岸大橋を渡り

Imgp6570

子野日公園へ
Imgp6572

平日の昼前とあって、客足はこれからといったところ
Imgp6582

20数店舗が軒を連ねて焼き牡蠣やお土産牡蠣を提供


Imgp6581

Lサイズの牡蠣3個で600円!

Imgp6576

生牡蠣を注文も、保健所の指導で?お店の提供は不可

買ったものを勝手に生で食すのはOKらしいのですが

ソロライダーの私は、こじ開ける器具などもないし

焼き牡蠣を発注

LLもあったがLでも中々でかい

プリっぷり クリーミー 旨し

関東のスーパーでは小さめのSかMサイズを良く見つけますが、関東じゃこのサイズ1個500円くらいするんじゃ

嗚呼~3個で満足 がっ

牡蠣弁当あるもの発見!

Imgp6580

牡蠣5個入って700円 味が染みて これまた 旨し

小食&痛風もちの私ですが 食うしかないでしょ!

んっ 足の親指裏が疼く・・

ギアチェンジの無いPCXで良かった

さあ、腹も膨れたところで

これまた、宿題の霧多布へ

Imgp6622

岬を見るとブラックジャックを探してしまうのは私だけ!?
Imgp6621
北太平洋シーサイドラインを堪能しつつ

そろそろ、五十石へ行かなくては

今、来た道を引き返す

(引き返すの嫌いな性格なんですけどね)

霧多布~厚岸~標茶へ

Imgp6645

道中の放牧地で一休み

ごろっとして 暫しの休息 嗚呼幸せ
Imgp6639

丹頂の夫婦かな
Imgp6647

さあ、日も影りだした 急ごう
Imgp6650

標茶駅より国道391を南へ

う~ん 判らん XROADのナビやツーリングマップルと

睨めっこ 行き過ぎ?戻ろうかと考えていたところ・・・


Imgp6651


発見! 一見さんは日没後は絶対たどり着けないので

注意してください!

国道から少し入ると・・・ありました

なかまの家

んっ!影から犬がっ

Imgp6674

わー近寄ってきた 怖っ 

ってか、犬嫌いを克服したのを忘れてた

Imgp6657
しかもニワトリまで

Imgp6658
よそ者のバイクを監視?

いやいや、歓迎してくれています

ふと振り返ると

Imgp6659
ワンちゃんが触って~ポーズ!

Imgp6681
早速ナデナデしてあげると


Imgp6660

気もちイイ~

チョー可愛い~

Imgp5698


あっニコ ゴメン

Imgp6672
アヒルさんに誘導されて

Imgp6665


最後に娘さんの出迎えを受け

3年越しの恋人 めでたく「なかまの家」に到着

Imgp6694

馬小屋を改築した建物

木の自然な風合いがなんとも心地よい空間を醸し出す

Imgp6686

今日の同泊者さんは

東京からお越しのXR乗りさん

XR! 嗚呼・・・自分もXRで来ればよかったな~

無いものねだりなんですよね

さておき、娘さんに送られて

近所の中華屋さんのような名前の♨に入りImgp6687

娘さん手作りのお楽しみの夕食です

Imgp6697

今日の目玉 天然まいたけご飯

それと、父さんが釣ってきたワカサギ

新じゃがて手羽元のカレー煮 etc と

何だろう なんでも旨い 何でだろう
Imgp6699

娘さんの

・腕が良い

・献立のセンスが良い

・地で採れた新鮮さ

・宿の雰囲気が良い

本当に何でも旨いんです( ^ω^ )

食事のあとはお楽しみの・・・

お酒タイム

Imgp6703

いつもは翌日のことを考え日本酒は控えていますが

父さんが持ってきた純米酒が 旨い旨い

父さん、XRさんと男3人で北海道のことやら家族のことやら

たわいもない会話で盛り上がり夜は更けていきました

走行距離360km ヘロヘロ

| | コメント (0)

2013秋 PCX北海道ツーリング 6日目

10月9日 6日目

旅も半ば、今日は根室まで走るつもりでしたが

道東の太平洋側は雨模様の様子

羅臼は雲谷雲谷

Imgp6282

まだオホーツク側はマシな天気予報だったため

予定を急遽変更って、何通りかのスケジュールは立てていたので、宿泊先も決めてます

ケンタと奥様に別れを告げ
Imgp6277
イザ、サロマへ

当然ながら熊の湯の前を通るも十数台の車が・・・

やはり、昨日入って良かった 天気も心配なのでパス

知床峠付近も雲谷雲谷
Imgp6290
ウトロ側もそれ程良くないけれど、まだマシのよう

ならば、寄り道を

今回の旅でハマった岩尾別♨露天風呂へ

Imgp6303
これこれ

Imgp6307

いや~人工的な湯船ってことは分かっていますが

Imgp6322

この景色!! 写真じゃ臨場感がありませんが

実際はぐるっと360度の小自然(整備してるので)が広がって

なんといっても車道から数十秒とお気軽にこの景色、♨を無料で頂けるのは高ポイント

小一時間の癒しのひと時

さあ、雨雲が来ないうちに出発

Imgp6334
国道334を西へ

一昨日も通ったウナベツ温泉付近のポテト畑に車が

Imgp6343

「カルビーポテト」! ここ一帯はカルビーの契約畑のよう

チップスは湖池屋とやまよし派でしたが

今日からはカルビー派です 単純

おや、斜里国道を走るといつも気になる小屋発見

ちょいと寄り道 トウ沸湖へ

Imgp6358
お馬さんが行く先は

Imgp6355_3

小屋へ繋がっているよう
Imgp6360_2

どうやら、馬小屋兼展望台の様です

Imgp6362_2

しかもこの屋根は草が覆い茂っており

この風景と相まっていい雰囲気を醸し出しています
Imgp6366

さあ、一気に網走へ走り海鮮でも食おう

と思っていると、雨がポツポツ・・・

今日の天気予報を考えると網走までもたなそう

北浜にセイコーマート発見!

Imgp6372_2
今回は、120円ボンゴレビアンコ

あさりが、ゴロゴロと入りガーリックが効いていて、思わず「白ワイン」が飲みたくなりました 旨し!

セイコマって茨城県を中心に関東にもありますが

東京~千葉~神奈川と出店範囲を広げないかな?

ちょっと中に入れば北海道のような田舎も結構あるので

意外と繁盛するのでは・・・

食べ終えたころ、雨あしが強くなってきました

ここからは、観光なしに網走を通り過ぎ一気にサロマへ

Imgp6391

常呂にて ジャガイモ畑の合間に、からし菜畑かな?
Imgp6394

ちょっとした丘の上からからし菜畑とオホーツク海を見下ろす

天気は今一ですが、気分は最高ー

常呂の畑ダートには所々「ドリフト注意」旗が!
Imgp6411

ナイスセンス! スリップやスピード注意なら言うことを聞かないでしょうが、ドリフトって言われたら危険度が上がる気がして思わず注意してしまうでしょう

ジャガイモ畑を通り過ぎ、お次は海鮮 ところ道の市

新鮮な鰤が一尾1300円程度
Imgp6407

新鮮な鮭が一尾500円!程度
Imgp6408

新鮮な牡蠣が1箱4000円程度
Imgp6409
ってどんだけ安いんだっ

牡蠣は始まったばかりで、ご祝儀価格のよう これからもっと安くなるらしい

恐るべし常呂町

サロマと網走に挟まれ一般的には無名のようですが

北海道を誇るジャガイモ畑、新鮮な魚貝があり北海道をギュッとしたような町ですね

雨&雲谷の中 今日のお宿「さろまにあん」に到着

Imgp6420


Imgp6425
なんとなく人気の宿と知っていたのですが

人気、混む、並ぶ・・・などが嫌いな私にとって

以前から宿泊するのを二の足を踏んでいたのですが

意を決して予約

そして、扉を開けると・・・

んっ なんだかウッディーで良い雰囲気

んっ なんだか木の良い香り

んっ なんだか居心地良い

Imgp6422
寒空の中走ってきた体を解き放すべく入浴

部屋に籠ることもなく談話室で一時を過ごす

今日は、マジェスティさんと栃木のチャリダーさんとご一緒

マジェさんはこれまで大型バイクを操っていたが定年後、スクーターで旅を楽しんでいるよう

チャリダーさんは今回は車にチャリを積んで来たようで、いつもは千歳にバイクを預けていて飛行機で北に上陸するようです

旅の旅程、価値観は千差万別

色んな方がいるようです そいでそんな方々とお話しし時間を共有するのが楽しい 

おっと、そろそろ夕食です
Imgp6426
程よい海鮮

程よい野菜

ほろ酔い状態で楽しい会話&クラシックで楽しい食事

食事後も楽しいお茶会と言う名の呑み会

何なんでしょう 人気宿ってことが分かりました

チャリダー常連さんは連泊のよう

うらやましい・・・

なんとなく お・も・て・な・し が垣間見える

恩着せがましくない 丁度良い空気感が・・・

嗚呼・・・床に就きたくない~この宿で大正解!

明日は4時起きで朝日を見に行くぞ~

走行距離220km

| | コメント (0)

2013秋 PCX北海道ツーリング 5日目

10月8日 5日目

さあ、お楽しみのネイチャークルーズだ

部屋の窓から海を眺める

やや、曇りがちながら・・・波はそれほど無さそう

Imgp6083
「おはよーございます」

「今日は中止だよー」

「ガーン」って会話でもしたでしょうか

この時期は海の季節は冬に向かっているため、波が高く欠航が多いよう ってか、出航できる日が珍しいそう・・・

Imgp6084
朝から食欲をそそるホタテ汁と秋刀魚を頂く

連泊にしたため、今日はゆっくり知床観光としゃれ込む

その前に

Imgp6085

部屋の窓からチラチラ見えたワンコが気になる

ケンタ って名のくせにメス、老犬だそう

人懐っこいようで近寄ってナデナデ、ゴロゴロ んっ

獣の匂いが~

きっと狼や熊はこんな匂いだろう

匂いにちょっと引くと・・・ワォーン(バカヤロー) 

遠吠えで仲間を呼んでるよう

Imgp6087

熊でも呼ばれたらかなわん

ここは羅臼、可能性はゼロでは無い

ケンタにお別れを告げ、知床観光へ

乗船できなかったクルーズを恨めしそうに見つつ

Imgp6096

羅臼の高台より国後島を望む 頼む 返してくれ
Imgp6092


国道334をウトロ方面へ

「熊の湯」の前を通ると 車が一台

考えられん いっつ来ても車が多数 漁師多数の超人気湯なのに

時間9時と中途半端なようで

バイク&寒い&冬装備着用で面倒くさいけど、こんなチャンスは二度とない

Imgp6102
行ってみると・・・初の一人湯 貸切!
Imgp6107
さあ、湯を堪能と思ったが・・・熱い熱い

誰もいない分、温度がかなり上がってナチュラルに火傷状態

でも、漁師さんが漁で凍えた体を温めるには

このくらいじゃないとダメなんでしょうね~

さあ、硫黄の香りに包まれ 温まった体を防寒着でシールドし旅の継続

Imgp6113
ウトロ側は晴れてる?

Imgp6118
峠は雲谷雲谷

Imgp6119
ウトロも雲谷雲谷ですね

今日はツーリングではなく観光

知床五湖の遊歩道へ 

レクチャーが必要のようで、金取りと悪評もありますが

世界遺産となってからは、押し寄せる観光客対策として有効だと私は思います

Imgp6126

レクチャーを受けた同士 1クラス?単位での出発

レクチャーで相当脅されたので、1クラス単位で良かった

Imgp6127

トイレのある位置から時計と反対周りに

五湖~一湖の周回となります
Imgp6206

なんとなく和気藹々 微かに他人行儀 

散策していきます
Imgp6134

紅葉、天気ともにイマイチながら、それでもこの景色
Imgp6137
もし、晴れていたら・・・きっと大変なことになるでしょうね

Imgp6162

熊の出没大の遊歩道も終わり立体歩道のある一湖へ
Imgp6191
熊除けの扉を通り上へ
Imgp6196
やっぱり、一湖が綺麗かな~

Imgp6197
およそ1時間半の散策

時間があって、熊出没の可能性が極力ない時期であれば五湖の遊歩道はオススメ

時間がない方は一湖だけでも一見の価値あり

さあ、自然にふれ疲れた体をいやすべく♨へ

五湖からの帰り道にある岩尾別温泉へ

昨夜の同泊者さんが岩尾別川で熊の写真を撮っていて

温泉に入ったのを聞いて行ってみることに

Imgp6224



立派な「ホテル地の涯」の奥の遊歩道わきに

無料の露天風呂がある

Imgp6222
右側が遊歩道で左が温泉 上から見たところ

Imgp6210

下から見上げたところ

当然、脱衣所なんぞありません

おもむろに裸になり入浴♨

Imgp6217
3段で温度が違う

匂いや湯質は変わらない?源泉は同じでしょうか

人工的な湯船ながら自然の中にいるのは変わりなく

嗚呼~極楽、極楽 渓谷美もサイコー

寒く、折れそうな心を解き放ってくれた

時間は15:30

今日は観光と決めているため、まだまだ見るぞ

鹿さんに誘われながら

Imgp6248

自然センター裏にある

林道、野原を通り抜け
Imgp6242
フレペの滝へ

Imgp6240

右の方が滝ですね

湧水がチョロチョロ流れているって感じですが

ここまで来るシテュエーション

断崖絶壁のロケーションと

なかなかのスポットです

晴れていれば大変な景色になったことでしょう

さあ、日も影ってきたので羅臼へ帰ろう

と思ったら

Imgp6260

目の前に夕日がっ
Imgp6259
およそ、30~40分眺めていたでしょうか

Imgp6267
周囲は闇のほうへ進んでいます

道中、鹿が道のど真ん中におり、ひっやっとしたり

日没後の峠の通行は注意が必要ですね

無事に「とおまわり」に到着

Imgp6271
連泊メニューでクラシックを頂きながら

Imgp6272

今日は私一人の宿泊で、明日は ななめさんの検査ということもあり飲酒は不可のよう・・・

温泉に2回入ったこともあり

今日は疲れた・・・おやすみなさい

走行距離 115㎞

| | コメント (0)

2013秋 PCX北海道ツーリング 4日目

10月7日 4日目

このYHはご年配の方が多く、5年前は相部屋のイビキで

一睡もできなかったので一人部屋にして正解

ぐっすり寝れた

Imgp5929
YHの部屋からの眺め

朝曇りですが天気は回復のよう

昨夜、夕食~温泉までご一緒させていただいた

埼玉のNINJA乗りさんとお別れし

(天気が下り坂で今日のフェリーで帰るよう)

イザ・羅臼へ

ルートは陸別・弟子屈・三国峠経由とあるが雪の心配が無さそうなので、迷わず三国峠~石北峠~北見~斜里経由で

糠平湖周辺はタウシュベツを始めとし、旧国鉄士幌線の廃線橋梁が多数あります

Imgp5940
この時期はタウシュベツは水没

以前、GW5月に訪れこの橋梁を初めて見たとき

「生きてて良かった~」と本気で思った

「この景色日本?日本にも良いところあるんだな」

皆さんも元気なうち、生きているうち、橋梁が朽ち果てないうちにゼッテイ見とくべきです

上士幌観光協会↓

http://www.kamishihoro.info/spot/arch

水没の無い、第五音更川橋梁を探していると

昨夜、夕食を共にした、札幌のマークXさんと再開!

一緒に橋梁へ

Imgp5944

廃線跡を散策しながら

急坂を下り、獣道を通り、歩くこと20分Imgp5960

橋梁を発見☆

Imgp5952

Imgp5957

およそ一時間の散策を終え車道へ

峠まで同じ道のため別れはせず、「またね~」

Imgp5975

Imgp5976

Imgp5977

標高がグングン上がって行き、景色も変化

標高差で生えている樹木や紅葉の状態も違う

しかも晴れてきた!テンション↑

Imgp5982
三国峠付近より見下ろすと
Imgp5986
雲海が!?

Imgp5989

石北峠を過ぎ国道39号を北見方面へ
Imgp5992
見事な白樺紅葉に直線道路 「気持ちイイー」

ツーリングマップルに「スピード注意」って書いてあるのもうなずける

Imgp5993
??前輪の前方にペダルの付いている自転車??

イイーですね~ とにかく旅のスタイルは千差万別

北見市内に入り、朝飯食ってないことに気がつく

腹減った で、目に飛び込んだのが

「ラーメンさんぱち 北見店」

Imgp6012

My Bestの美幌まで我慢できず
Imgp6010
味噌ラーメンを食す

嗚呼~幸せ でも店内は味噌を食す地元の方は少ないんですよね

オマケのアイスうを頂き、腹いっぱいになったところで出発

北見の渋滞をスルーすべく市道(かな?)122号線で美幌へ

これが大正解
Imgp6019

空きすきの道路にこの素晴らしい景色  北見侮れない

美幌~国道334で斜里へ

国道をちょいと外れ斜里のポテト畑で

Imgp6023
「何にもねー」と思わずメットの中で叫んでしまった

「こんな北の大地が大好きだー」ホントに北の大地に

足を着けてる 走ってるってのが素晴らしい

さあ、ウトロへ 海が見えてきた

Imgp6035

「オシンコシンの滝」
Imgp6038

別に寄るまでもないのですが、自分的には知床の関所

しかし、国道のすぐ脇にあって観光バスツアーに組み込まれるく位お手軽ですが迫力は中々本格派です

Imgp6045

15時を過ぎ日をくれる前に峠を越えたいとこですが

天気の良い時に景色も見ておきたい

Imgp6055

お手軽に行ける知床五湖の一湖へ

Imgp6062

Imgp6059

時間が気になったので湖が見える位置まで行かなかったけど、素晴らしい羅臼岳が見れただけでも良し
Imgp6063
さあ、日が・・・宿へ急ごう

峠付近、羅臼側
Imgp6075

ウトロが天気が良いと、決まって羅臼が悪い

その反対もあり、峠越えは要注意です

Imgp6077
17時過ぎ、無事に「とおまわり」さんへ到着

ココの宿、数年前から熊の湯にくると思い出して泊まってみたかったのですが、いつも夕方に気が付くので泊まれずじまいでした

魚料理で腹いっぱいにしてくれるそうです

Imgp6079
この後も、もう食えないってくらい出され・・・

今日の同泊者さんと、ななめさんを交え乾杯

聞けば、岩尾別に出てくる熊の写真を撮るだけのために2泊3日で来たそう

そうゆう趣味もあるんだな~

明日、早朝に出るようで早めにお開き

Imgp6078

明日はネイチャークルーズだ!

走行距離 350km 景色が良かったため とおまわり

| | コメント (0)

2013秋 PCX北海道ツーリング 3日目

10月6日 3日目

「太平洋フェリー」のカプセルホテルのような寝台で

リラックスできた

Imgp5826

この快適さを考えると、大洗経由の「さんふらわあ」は

格下に思えますねえ・・・

甲板に出ると苫小牧港が見えてきました

Imgp5836

飛行機でもそうですが、北の大地を見ると

ワクワクします

11時の下船というのも「太平洋フェリー」に軍配

日没前に帯広まで移動できます

「さんふらあ」は14時30分なので上陸後の移動に難あり

さあ、二輪は1台の下船

Imgp5848


来てしまった~ 気温は19℃千葉とカワラン

港周辺は、見慣れた港の風景ですが

イキナリの8車線道路に感激

Imgp5851

何時来ても感動もの 北の大地に来たのだ!

さあ、後は 鵡川~日勝峠~糠平を目指す

時系列に旅程を立てた通りに

30分程で鵡川の大豊寿司へ

カウンターに陣取り名物「ししゃも寿司」を注文

Imgp5853


ところが・・・今年は漁が遅れ、鵡川はまだらしい・・・

日高産を取り寄せ握っているとの事

まあ、本土の人間にとっては大して問題ありません

Imgp5855


しかし量は半分

肝心なお味は・・・んっんっ グルメでない私にとって・・・

白身魚の淡泊でしかも臭みはない脂っこくなく

サッパリいける

しかし、4巻とあって満足とは言えず

まあ、想い出創りとしては良かったでしょう

これでは糠平での夕食まで持たないため

北海道では、お約束のコンビニ「セイコーマート」で

Imgp5858

今回の旅テーマは

【以前から気になっていたものに手を出す】

100円パスタに手を出した

クリーミーカルボナーラはクリーミー

ミートソースは酸味が効いてこれまた

いや~中々どうして 旨し!!

やっと満腹になったところで北のツーリングを楽しもう

Imgp5866
チョーク線道路


Imgp5868
北海道らしい景色 所々紅葉も

Imgp5879
日勝峠経由で

Imgp5885
「道の駅うりまく」これだ この景色を見たかったんだ


Imgp5891
天候はスッキリしないものの 北の大地を堪能

Imgp5893

然別経由で糠平へ

日没と同時刻に「ぬかびらYH」へ到着

Imgp5898


Imgp5896
鹿さんのお出迎え

Imgp5911
このYHのご自慢の源泉かけ流しの温泉で

ひとっ風呂浴びて、いただきま~す

今日の同席者は団塊の世代の方ばかり

私的には若い人より落ち着いて話せ呑め良かった

食後はOPツアーの「鹿の谷」温泉に参加

眼下の崖に注意をしながら露天風呂&満天の星空を堪能

5~6年前、キャンプツーで大雨になり、仕方なくこの宿に初YH体験として宿泊したのですが、温泉、食事、部屋、清潔感 共に◎デス

このYHをきっかけにキャンプを止め、翌年からのツーリングはYH&とほ宿が定宿となりました

立地も北海道のほぼ中心にあり、道内のお客様も多く人気の宿です

夕食後の温泉ツアーなどは案内されますが、基本良い意味でほったらかしで、お茶会もなし、呑んべえには物足りないものの好き人だけ集まって呑めばいいし

なんとなく居心地の良い宿です

今日は疲れたので呑み会もなく

お休みなさい

走行距離 200km

| | コメント (2)

2013秋 PCX北海道ツーリング 1・2日目

北海道より帰還して1週間

直後に10年に一度の台風があったりして、歳のせいもあり疲れがやっと取れてきました

何時ものことながら、ゆっくり更新です

10月4日 1日目

ニコに暫しの別れを告げる

Imgp5701

Imgp5700

ここ最近の暑さから一転、19℃寒い

しかし、これから北上していくので

北海道の気温と比べると同等のようで、着るものも悩まず丁度良い

これまではツーリングといえばXRですが

今回はPCXがツーリングで快適なのかを実証すべく、PCX125で出陣です

Imgp5707

PCXは冬仕様 見てくれなんか関係なし

服装は関東の12月くらいで冬のジャケット&オーバーパンツのインナーを外した状態

これが大正解!

Imgp5706

北への上陸手段はフェリーとなりますが以前、XR250で大間まで走った時の後悔があり近場からフェリーを使います

大洗が近いけどバイクを載せて2万強

仙台港の太平洋フェリーの早割を使って9200円!

今回は仙台経由にしました

久々の友人にも会いたいし

所用を済まし、午前中に出ることが出来た(これが大正解)

Imgp5710

高速に乗れないため下道でトコトコ

16号~294号~4号と乗り継ぎ白河で5時間

Imgp5718


千葉~仙台まで400㎞と舐めていましたが

時速40㎞で10時間掛かるとは・・・

夜遅くクタクタになりながら、無事に友人宅着

待っていてくれた友人一家と3年ぶりの再会に

楽しい楽しい夕食&いっぱい呑んで・・・

子供たちに麻雀を教え込み(悪いオヤジ)

Imgp5729

夜更けまで麻雀大会 ソファーで撃沈です

走行距離 400km

翌日は、朝からやっている近所のラーメン屋さんへ

Imgp5737

伊藤商店

Bvxzv0bciaamcjn1

金の中華

二日酔いに優しい味わい

フェリー出航は19時とあって時間があるため友人家族と仙台市内を走りつつ、松島まで走って見ました

Imgp5758

被災地である松島ですが島が点在し、波の直撃を防いでくれ壊滅的な状況ではなかったのの、以前と同じ景色にはビックリしました

震災のことを考えると遊びに来ていいのかと思ってしまいますが、観光として現地でお金を使い、手助けとなれば良いのでしょう

さあ、そろそろ港へ向かいます

仙台港周辺も復興しているようで、道路も店舗も問題なく営業しており自宅を建設するかたも多いようです

港で搭乗手続きを行い

お姉さんに「今日はバイクは何台くらいですか?」

・・・・・・・・

「御一人様です・・・・」

(´,_ゝ`)プッ ←って顔してた

子供たちは中々楽しかったようで

「お兄ちゃんは帰りも家に来てね」と後ろ髪引かれ

チョイと感傷モードに

Imgp5784

「ゴメン、大洗経由なんだけど・・・」

友人家族に見送られながら

一人寂しく乗船となりました

Imgp5841


ぽつんと バイク一台

Imgp5792

まあ、船に乗ってしまえば、旅モードになるって訳で

Imgp5790

海の見えるソファーを陣取り

風呂→ビール→飯→焼酎・・・・

三味線、民謡のショーを楽しみつつ

Imgp5822

夜は更けていきました

走行距離 30km

| | コメント (0)

より以前の記事一覧