« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013秋 PCX北海道ツーリング 8日目

10月11日 8日目

お父さんとXRさんが鹿の罠を見に行くというのでお供

鹿の足が入るとワイヤーが縛って捕獲出来る

とってもアナログな仕掛けです

Imgp6705

鹿を捕獲って・・・自給自足、食物連鎖

罠に掛かれ、掛かっていないでと心の葛藤の中

宿の周囲の林をぐるっと一周

Imgp6710


今日は捕獲ナシ 何気にほっとした

さあ、朝食の時間

自家製のサラダ、たまご。コクワジャム、しべちゃ牛乳など 

Imgp6715
ここ十年位、朝食は食べず、ヨーグルトくらい

しかし、ホントにこの食卓に並ぶ料理は何でも旨い

Imgp6717

ジャムは小学校以来だ

試しに食すと・・・旨い(・∀・)イイ!

嗚呼、連泊したいところですが・・・

Imgp6723_800x600

断腸の思いで

娘さん、ケン、XRさんとお別れ

XRさんは連泊だそう・・・

イザ、出発

ケンのワンワン見送りに後ろ髪引かれながら

今日のスタート

PCXですが、釧路川脇のダートを走行

おやっ・・・

Imgp6726
チュールリー チュールリーララー

Imgp6728
ついておいでよと泣いてマス~
聞き分けのない おんなです~(亜紀)

う~ん

スクーターでダートは無しだなぁ

振動はすごいし、飛び石でマフラーなど傷が怖いし

面白くない やっぱダートはOFFだなぁ・・・

標茶~多和平~弟子屈へ

摩周へ向かおうとしたら雨がポツポツ

時間は11時 ちょっと早いが雨宿りがてら昼食
Imgp6746
豚丼のくまうしさんへ

豚丼と田舎蕎麦のセットを発注

Imgp6745

・・・ってな味わい う~ん 御馳走様でした

店を出ると雨も本降りでテンションも下がりっぱなし

道の駅摩周まで移動して小一時間の雨宿り

雨も小降りになり

こうなったら霧の摩周湖でも見よう

本土では雨男ですが

これまで晴れの摩周湖しか見たことがないのです

Imgp6766

ってか・・・雲谷雲谷過ぎて
Imgp6769

何も見えん~ やっぱ晴れの摩周湖が良いんですね~

でも確か晴れると婚期が遅れるとか・・・

私はセーフでしたがね

川湯方面へ下ると

Imgp6771
雲谷も晴れ 所々紅葉が

雨上がりってなんだかいいですよね

Imgp6779
川湯~屈斜路湖畔を通り

コタン温泉上の屈斜路湖が見渡せる丘へ

Imgp6784
雨降りでもそれはそれで何とも良い景色です

雨降りなのでこれ以上の観光は無理

午後3時早々に今夜の宿

屈斜路原野YGHへ

Imgp6792
ここへ来るときはいつも天気が悪いですね

しかし、この建物のデザイン好きです

コタン♨も近いし 内風呂も♨で

♨好きにはタマリマセン!

ここを選んだのはもう一つ理由が

S海さんとの再会です

昨年来、本土で何度かお会いしたのですが

北の大地での再会もまた、格別

元板前のオーナーさんの夕食を頂きながら

クラシックで乾杯

Imgp6801

夕食の後はお楽しみのお茶会
1376461_573072282760579_771032414_n

日本、シンガポール、香港、デンマークと

今日はなんだかインターナショナルな感じで

1383103518265

(香港のスマホ!)

夜は更けていきました~

走行距離130km 

| | コメント (0)

2013秋 PCX北海道ツーリング 7日目

10月10日 7日目

4時の目覚ましが鳴る前に起床

今回は同泊者さんがいるので起きれ良かった

さあ、ベットサイドの窓を開けると・・・

雲谷~雲谷~視界1m?ほど 嗚呼・・・

朝日なんぞ見れる状態じゃありません

仕方なく、もう一眠り

突然 「コォワー、コォワー」

白鳥さんが呼んでる!

今は雲谷でも晴れるかも!

白鳥に呼ばれている気がするので

視界数mの中、意を決して出発です

国道238~右に折れ キムアネップ岬へ

すると次第に雲谷が晴れてきた

オーナーご夫妻に教えていただいた岬の

ビューポイントに到着すると・・・

雲谷が消えてる! ヤッタ

朝日が登る直前もキレイということで

Imgp6442
見れて良かった

次第に日は登り

Imgp6454_2

小一時間は見ていたでしょうか!?

何時が一番キレイか分からず

シャッターを100回以上押してしまった
Imgp6471
全部キレイだヽ(´▽`)/

秋には大地を真っ赤に染めるサンゴ草の群生地としても有名のようでImgp6475

今が最盛期
Imgp6476
白鳥のBGMに包まれながら

朝日のキムアネップ 最高の朝だ!

朝日がこれだけキレイだと、夕日も相当だろう

宿へ戻る道中はやはり・・・雲谷雲谷

Imgp6485

岬周辺だけ晴れているらしい ラッキー

出発の身支度を整え 定刻通り7時に出発

Imgp6490

寒い中、オーナーご夫妻に見送られ 出発

右側は奥様ですが、昨日会ったときはヘルパーさんかと

思ってました・・・又は娘さん??  

聞けばそれほど御歳は離れていないよう お若い!

次は連泊で朝日&夕日を見に来ますよ~

Imgp6499

さあ、今日の旅程は

去年からの宿題 厚岸の牡蠣まつり

3年越しの恋人 なかまの家宿泊 

オホーツクのサロマから太平洋の厚岸まで

今日は正しくツーリングって感じですね

昨日、常呂町で見たからし菜畑&オホーツク海

Imgp6501
今日は、晴れ渡っていて益々キレイです

スケジュール的に朝食を食べず出発したのですが

厚岸までもたなそう・・・

能取湖にセイコマ発見!

Imgp6511

朝食はナポリタン130円

これがまた・・・味の評価はしなくてもわかるでしょ!?

能取湖~網走湖~女満別~美幌峠へ

Imgp6529


Imgp6530
しかし、雲谷の中に朝日の日差しが

何とも神秘的な光景に足を止め

中々前へ進めません

Imgp6531
やはり、写真を取りつつ ゆっくりツー

この辺の関所である美幌峠の眺めを見つつ

PCXへ んっ

Imgp6546

うをー 去年に引き続き自衛隊の車列

しかも、隊員がPCXを物色?

Imgp6552
いやっ 歩道を通行してるだけ

警察、自衛隊など国家権力を見るとビビッてしまう

小市民です・・・

Imgp6555
パイロット国道を一気に下り

プリンスホテルより側道へ
Imgp6558
三角山付近のからし菜畑 和琴半島、屈斜路湖を望む

去年はS海さんとMTBで美幌峠~原野YHに向かう最中

前方の道に熊さんを発見した地点

Imgp6562

ちょいビビりながら通過

ここからは一気に

弟子屈~標茶~厚岸へ

Imgp6592


厚岸大橋を渡り

Imgp6570

子野日公園へ
Imgp6572

平日の昼前とあって、客足はこれからといったところ
Imgp6582

20数店舗が軒を連ねて焼き牡蠣やお土産牡蠣を提供


Imgp6581

Lサイズの牡蠣3個で600円!

Imgp6576

生牡蠣を注文も、保健所の指導で?お店の提供は不可

買ったものを勝手に生で食すのはOKらしいのですが

ソロライダーの私は、こじ開ける器具などもないし

焼き牡蠣を発注

LLもあったがLでも中々でかい

プリっぷり クリーミー 旨し

関東のスーパーでは小さめのSかMサイズを良く見つけますが、関東じゃこのサイズ1個500円くらいするんじゃ

嗚呼~3個で満足 がっ

牡蠣弁当あるもの発見!

Imgp6580

牡蠣5個入って700円 味が染みて これまた 旨し

小食&痛風もちの私ですが 食うしかないでしょ!

んっ 足の親指裏が疼く・・

ギアチェンジの無いPCXで良かった

さあ、腹も膨れたところで

これまた、宿題の霧多布へ

Imgp6622

岬を見るとブラックジャックを探してしまうのは私だけ!?
Imgp6621
北太平洋シーサイドラインを堪能しつつ

そろそろ、五十石へ行かなくては

今、来た道を引き返す

(引き返すの嫌いな性格なんですけどね)

霧多布~厚岸~標茶へ

Imgp6645

道中の放牧地で一休み

ごろっとして 暫しの休息 嗚呼幸せ
Imgp6639

丹頂の夫婦かな
Imgp6647

さあ、日も影りだした 急ごう
Imgp6650

標茶駅より国道391を南へ

う~ん 判らん XROADのナビやツーリングマップルと

睨めっこ 行き過ぎ?戻ろうかと考えていたところ・・・


Imgp6651


発見! 一見さんは日没後は絶対たどり着けないので

注意してください!

国道から少し入ると・・・ありました

なかまの家

んっ!影から犬がっ

Imgp6674

わー近寄ってきた 怖っ 

ってか、犬嫌いを克服したのを忘れてた

Imgp6657
しかもニワトリまで

Imgp6658
よそ者のバイクを監視?

いやいや、歓迎してくれています

ふと振り返ると

Imgp6659
ワンちゃんが触って~ポーズ!

Imgp6681
早速ナデナデしてあげると


Imgp6660

気もちイイ~

チョー可愛い~

Imgp5698


あっニコ ゴメン

Imgp6672
アヒルさんに誘導されて

Imgp6665


最後に娘さんの出迎えを受け

3年越しの恋人 めでたく「なかまの家」に到着

Imgp6694

馬小屋を改築した建物

木の自然な風合いがなんとも心地よい空間を醸し出す

Imgp6686

今日の同泊者さんは

東京からお越しのXR乗りさん

XR! 嗚呼・・・自分もXRで来ればよかったな~

無いものねだりなんですよね

さておき、娘さんに送られて

近所の中華屋さんのような名前の♨に入りImgp6687

娘さん手作りのお楽しみの夕食です

Imgp6697

今日の目玉 天然まいたけご飯

それと、父さんが釣ってきたワカサギ

新じゃがて手羽元のカレー煮 etc と

何だろう なんでも旨い 何でだろう
Imgp6699

娘さんの

・腕が良い

・献立のセンスが良い

・地で採れた新鮮さ

・宿の雰囲気が良い

本当に何でも旨いんです( ^ω^ )

食事のあとはお楽しみの・・・

お酒タイム

Imgp6703

いつもは翌日のことを考え日本酒は控えていますが

父さんが持ってきた純米酒が 旨い旨い

父さん、XRさんと男3人で北海道のことやら家族のことやら

たわいもない会話で盛り上がり夜は更けていきました

走行距離360km ヘロヘロ

| | コメント (0)

PCX インプレ 1年 7000km

北海道ツーリングも無事に終え

1年 7000㎞越えのインプレです

過去の記事にも書きましたが

変更点は以下の通り

・タイ仕様トルクカム

・武川パワーサイレントオーバルマフラー

・武川ハイスピードプーリー

・付属のWR10G

Imgp4454

それと

・DOKEN製ロングスクリーン

・GIVIBOX、ステー

・ハンドガード

・シート

・スズキ ヘルメットホルダー(ハンドル取り付け)

・シガーソケット(ハンドル左下収納庫に収め)

・ステップアルミ

P10704271

先ずは燃費

およそ7000㎞の内訳

12㎞/片道の通勤 およそ4800㎞

平均燃費 44㎞

11日間の北海道ツーリング およそ2200㎞

平均燃費46㎞ (区間42~50㎞)

燃費に関していうと平均45㎞は走るようです

しかもアイドリングストップのON、OFFでは

1㎞/1L 程度しか変わらないよう

燃費はゴーストップ以外にも高速走行が

悪影響を与えるよう

多少、渋滞にハマっても

平均時速60㎞が一番良いようです

次に走り

ノーマルは40~60㎞が故意に抑えられているようで

モッサーとした感じ

のんびりツーリングには良いようですが

通勤仕様では機敏が求められるので

正直ノーマルはキツかった・・・

いっその事買い換えようと思っていたくらい

トルクカムやマフラー等交換後は

125㏄ではあるが全く違うマシンになった

これなら暫く付き合えるかもと・・・

XR250とDトラ125の複数所有のため飽きたら

気分転換に車両にのることもできるので

まあ、1台しか持てないと仮定すると・・・

逆にPCXは優秀かも(ノーマルは無理)

通勤ではすり抜けが苦手ながらもスクーターなので

雨や寒い時期には楽ちん

ツーリングは今回の北海道ツーリングで試し

125㏄スクーターのためトルク感は無く

バイクとしての楽しみは今一なものの

移動手段としては中々快適

ロングツーリングにも耐えられる

しかし、WRが軽いと出だしは良いものの

峠やちょっとした勾配に弱い

この辺は使用条件で変わるので何とも言えないが

WRは14~15g位がベストのよう

色々述べましたが原2のコスパなど考えると

トータルでは相当良いと思います

通勤バイクは5年縛りがあるので

あと4年は付き合います

| | コメント (2)

2013秋 PCX北海道ツーリング 6日目

10月9日 6日目

旅も半ば、今日は根室まで走るつもりでしたが

道東の太平洋側は雨模様の様子

羅臼は雲谷雲谷

Imgp6282

まだオホーツク側はマシな天気予報だったため

予定を急遽変更って、何通りかのスケジュールは立てていたので、宿泊先も決めてます

ケンタと奥様に別れを告げ
Imgp6277
イザ、サロマへ

当然ながら熊の湯の前を通るも十数台の車が・・・

やはり、昨日入って良かった 天気も心配なのでパス

知床峠付近も雲谷雲谷
Imgp6290
ウトロ側もそれ程良くないけれど、まだマシのよう

ならば、寄り道を

今回の旅でハマった岩尾別♨露天風呂へ

Imgp6303
これこれ

Imgp6307

いや~人工的な湯船ってことは分かっていますが

Imgp6322

この景色!! 写真じゃ臨場感がありませんが

実際はぐるっと360度の小自然(整備してるので)が広がって

なんといっても車道から数十秒とお気軽にこの景色、♨を無料で頂けるのは高ポイント

小一時間の癒しのひと時

さあ、雨雲が来ないうちに出発

Imgp6334
国道334を西へ

一昨日も通ったウナベツ温泉付近のポテト畑に車が

Imgp6343

「カルビーポテト」! ここ一帯はカルビーの契約畑のよう

チップスは湖池屋とやまよし派でしたが

今日からはカルビー派です 単純

おや、斜里国道を走るといつも気になる小屋発見

ちょいと寄り道 トウ沸湖へ

Imgp6358
お馬さんが行く先は

Imgp6355_3

小屋へ繋がっているよう
Imgp6360_2

どうやら、馬小屋兼展望台の様です

Imgp6362_2

しかもこの屋根は草が覆い茂っており

この風景と相まっていい雰囲気を醸し出しています
Imgp6366

さあ、一気に網走へ走り海鮮でも食おう

と思っていると、雨がポツポツ・・・

今日の天気予報を考えると網走までもたなそう

北浜にセイコーマート発見!

Imgp6372_2
今回は、120円ボンゴレビアンコ

あさりが、ゴロゴロと入りガーリックが効いていて、思わず「白ワイン」が飲みたくなりました 旨し!

セイコマって茨城県を中心に関東にもありますが

東京~千葉~神奈川と出店範囲を広げないかな?

ちょっと中に入れば北海道のような田舎も結構あるので

意外と繁盛するのでは・・・

食べ終えたころ、雨あしが強くなってきました

ここからは、観光なしに網走を通り過ぎ一気にサロマへ

Imgp6391

常呂にて ジャガイモ畑の合間に、からし菜畑かな?
Imgp6394

ちょっとした丘の上からからし菜畑とオホーツク海を見下ろす

天気は今一ですが、気分は最高ー

常呂の畑ダートには所々「ドリフト注意」旗が!
Imgp6411

ナイスセンス! スリップやスピード注意なら言うことを聞かないでしょうが、ドリフトって言われたら危険度が上がる気がして思わず注意してしまうでしょう

ジャガイモ畑を通り過ぎ、お次は海鮮 ところ道の市

新鮮な鰤が一尾1300円程度
Imgp6407

新鮮な鮭が一尾500円!程度
Imgp6408

新鮮な牡蠣が1箱4000円程度
Imgp6409
ってどんだけ安いんだっ

牡蠣は始まったばかりで、ご祝儀価格のよう これからもっと安くなるらしい

恐るべし常呂町

サロマと網走に挟まれ一般的には無名のようですが

北海道を誇るジャガイモ畑、新鮮な魚貝があり北海道をギュッとしたような町ですね

雨&雲谷の中 今日のお宿「さろまにあん」に到着

Imgp6420


Imgp6425
なんとなく人気の宿と知っていたのですが

人気、混む、並ぶ・・・などが嫌いな私にとって

以前から宿泊するのを二の足を踏んでいたのですが

意を決して予約

そして、扉を開けると・・・

んっ なんだかウッディーで良い雰囲気

んっ なんだか木の良い香り

んっ なんだか居心地良い

Imgp6422
寒空の中走ってきた体を解き放すべく入浴

部屋に籠ることもなく談話室で一時を過ごす

今日は、マジェスティさんと栃木のチャリダーさんとご一緒

マジェさんはこれまで大型バイクを操っていたが定年後、スクーターで旅を楽しんでいるよう

チャリダーさんは今回は車にチャリを積んで来たようで、いつもは千歳にバイクを預けていて飛行機で北に上陸するようです

旅の旅程、価値観は千差万別

色んな方がいるようです そいでそんな方々とお話しし時間を共有するのが楽しい 

おっと、そろそろ夕食です
Imgp6426
程よい海鮮

程よい野菜

ほろ酔い状態で楽しい会話&クラシックで楽しい食事

食事後も楽しいお茶会と言う名の呑み会

何なんでしょう 人気宿ってことが分かりました

チャリダー常連さんは連泊のよう

うらやましい・・・

なんとなく お・も・て・な・し が垣間見える

恩着せがましくない 丁度良い空気感が・・・

嗚呼・・・床に就きたくない~この宿で大正解!

明日は4時起きで朝日を見に行くぞ~

走行距離220km

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »