« PCX125 ドリブンフェイス マフラー交換 | トップページ | PCX125 武川マフラー交換 »

PCX125 タイ仕様ドリブンフェイス交換

アドレスと比べカウルで隠れている部分が多いため

面倒だったのですが、外してみると

イガイト カンタン♪ 

Imgp4397
カウルは直ぐに外れ

Imgp4398

ここまで来るとアドレスのようなもの

Imgp4399

プーリーを外す

Imgp4400

お次は未知のドリブンへ

Imgp4405

外れた!
Imgp4408
ここで、全て外してしまうと

ボヨ~ンと全て吹っ飛んでしまいます・・・気負付けて

Imgp4410
こんな感じになったら静かに外しましょう

私は、左足の膝で下方向に抑えつつ

Imgp4413
静か~に外しました

ドリブンに付いているカラーが中々外れず四苦八苦
Imgp4415
マイナスドライバーでコジコジすると

簡単に外れた

純正 日本仕様
Imgp4424

タイホンダ タイ仕様
Imgp4423

写真では違いが分かりずらいのですが

Imgp4418
切り込み具合が全く違います

日本仕様は結構湾曲しているが

タイ仕様は湾曲部分が少ない

この差が雲泥の差を生む



タイ仕様へグリスを塗り
Imgp4426

トルクレンチを使い元通りへ
Imgp4428
アドレスの時はエイヤッでやってしまいましたが・・・

Imgp4429

ヨシッ 完成!!

【試走後のインプレ】

40~60のモタツキ解消

ノーマルのモッサリした走りから
交換後はスムーズに伸びあがり80までモタツキ無し
これ以上の最高では、WRが軽いため
加速しずらい感がありますが
実用域でのストレスは軽減されました

もっとWR軽くしたら出だしが良くなると思いますが
燃費が心配と、エンジン音が上がりロングツーなどには不向きの様

勢いで、マフラーもいっとこう

|

« PCX125 ドリブンフェイス マフラー交換 | トップページ | PCX125 武川マフラー交換 »

PCX125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PCX125 ドリブンフェイス マフラー交換 | トップページ | PCX125 武川マフラー交換 »